新着ニュース

藤岡幸雄

ガラス職人 創業者 藤岡 幸雄

 

ガラスの世界に携わり60年、がらす工芸札幌を1963年(昭和38年)に創業。

 

理化学実験器具(ピペット、フラスコ等)を主に製作。

 

その理化学製作の技術を生かし、ガラス工芸を始める。

ガラスの細工物やガラスペン、ガラス管を使い管楽器を製作。

 

 

長年やってきた技術、ガラス職人 藤岡 幸雄 にしかできない唯一無二のガラス工芸品、作品の数々。

主な作品は、ガラスペン・ガラスの楽器・シンブル・オブジェ・その他オーダー食器など。

 

その中でも 原寸大のトランペットは ガラス職人 藤岡幸雄 にしかできない、代表作品のひとつ。

 

ガラス ガラス工芸

 

 

 



トランペット
ガラス楽器
ガラスペン
アクセサリー
シンブル(指ぬき)